俺tueee原理主義『悪い、その最強系ラノベアニメは本当の俺tueeeじゃない』

本当に”最強な”主人公最強モノだけ紹介します

MENU

皆の原理tueeeおすすめ作品 異世界はスマートフォンとともに。(評価執筆者:管理人)

※以前作っていた下書きが残っていたので、編集中ですがそのまま載せます。

 

f:id:vels:20181129010728j:plain

 

【作品】異世界はスマートフォンとともに。(評価執筆者:管理人)

【形態】アニメ(原作は小説家になろう 

 

アニメ版の評価。原作未読なので、アニメ化で改悪された可能性も僅かにある

 

評価基準は下記事の原理主義各派閥に準拠します

vels.hatenablog.com

 

A物理強者《無敵◎、最強○、最強クラス△、それ以外は×》

物理最強度:○(アニメ範囲内ではピンチなど皆無だったので、無敵◎とも言える)

B存在強者

人外:×

C行動強者

常に最適解の行動をとる:○

敗北無し:◎

苦戦すら無し:◎

Dメタ強者

カタルシス有り:×

誰かの手のひらで踊らされるストーリーでない:○

無ヘイト・無辛酸:◎

E関係強者

他者に利用されない:△(典型的お人好し主人公)

他者に依存していない:○

独立した勢力を形成:○

風格威厳あり:×

ヒロインに対して余裕があるor無ヒロイン:×

F精神強者

ヘタレでない:○(ヘタレではないが、なろうスタンダードの軽い主人公)

成熟した精神信念を持つ・流されない:△

狂気性・異常性を持つ強者である:×(なろうスタンダード。特徴が無い)

G比較強者

他者からの賞賛評価が多い:◎(賞賛は多いが全体的にバトルは短い)

敵に絶望を与えている:×

H性質強者

能力が借り物でない:×(神様転生。原理主義の派閥によっては、この時点で論外か)

能力が唯一無二:○

能力に制限無し:○

 

その他(おまけ)
実力隠しの有無:無し
TS(性転換)の有無:無し
広義のNTRの有無:無し
脇役病(主人公の出番が少ない)の有無:無し

 

備考

なろう系アニメの一つとして話題になった作品

アニメレビューサイトでは袋叩きにされているが、俺tueee原理主義からすると、ただの「なろうテンプレ」であって、それ以上でもそれ以下でもない……といった評価になるだろう

 

『苦戦苦労しないのがダメ』などと、少年ジャンプの王道に毒された批判が多いが、本作の問題点はそこではない

まるでダイジェストのように駆け足でストーリーが展開していき、しかも全てが捻りのないテンプレ中のテンプレである。これが本作のマイナスポイントである

あまりに捻りが無さ過ぎて、何も印象に残らない。ヒロインの名前も覚えられないレベル

原理主義から見ても、主人公はただの一般人で、威厳や風格は無く、なんら信念も無い、普通の高校生であるため評価できない

 

唯一、万能チートのおかげで最強なのは良いのだが、それも元を辿れば『神様からの詫び石』であり、厳格な原理主義の派閥からすると非tueeeと言えるし、意味不明

 

またtueeeに直接関係は無いが、ヒロインが5秒で落ちるなど全てが雑なのもtueeeの土台を損ねている

 

時間の都合によって改悪されただけで、もしかすると原作小説は面白いのかもしれないが、いずれにせよ原理主義の求めるような完全無欠tueee主人公のタイプでは無い

 

ストレス要素を徹底的に排除して振り切っているので、そういった作品として楽しむのなら良いかもしれない

 

 

 

 

評価者以外の方からの補足or反対意見