MENU

作品紹介009 評価S+ 暁の護衛 【ノベルゲーム】

総合おすすめ度S+

tueee(sugee)度 =少ない・やや高い

 

f:id:vels:20170606202756j:plain

 

暁の護衛オフィシャルサイトはこちら

 

 

 

 

  • 形態:PCゲーム(年齢制限あり) CSゲーム(全年齢版psp・ps3)
  • あらすじ:富裕層の令嬢のみが通う学園に、併設して彼女たちの護衛を務めるボディーガードを養成する学校があった。見習いボディーガードとして過ごしていた問題児の朝霧海斗は、偶然にもお嬢様の誘拐事件を解決してしまう。本人は正義感からではなく、暇つぶしに暴れただけだったのだが、助けたお嬢様に海斗は気に入られてしまい……
  • 主人公:【中立~かなり悪サイド】主人公は過去を隠しており、周りも聞き出そうとするが決して口を割らない元悪人系主人公(現在も善人ではない) バトルメインのストーリーではないが、戦いには慣れているし、作中かなりの強さ。当然ヘタレなど一切ない。

f:id:vels:20170606202828j:plain

  主人公。ラノベアニメ等にはめずらしく、一見悪人に見えるが……実際悪人寄りである

 

  • ヒロイン:複数ヒロイン。最強モノでありがちなヒロインにヘラヘラ媚びへつらったり、能力を渡しちゃったりする(管理される)ようなダサい展開は一切ありません(当サイトではそういったヘタレ主人公作品は紹介しません)
  • 現在の分量:メインの「暁の護衛」に加え、続編(短いおまけ)が2本出ている ライトノベル換算で合計10冊前後?(かなりアバウト。感覚的に結構あっさりで短い)
  • 文章:非常に読みやすい
  • キャラクターの行動原理:商業PCノベルゲームなので、一人一人丁寧に描かれ、矛盾もまず無い。多少ヒロインごとのストーリーにムラがあったりするが、気になるほどでは無いはず

 

 

プラスポイント

主人公が精神的にも肉体的にも強い。ヘタレず積極的に行動

〇主人公が珍しく悪サイド寄りなので、ストーリーが他に見ない面白さ

〇2008年の作品なのに、絵が最新のモノにも劣らない

〇年齢制限アリなので、サービスシーンも豊富

 

マイナス・好みが分かれそうなポイント

×全体的に短く、ストーリーも重厚というわけではない。また、暁の護衛シリーズは後半がつまらないという評価が非常に多いので、後半に期待しないこと

×年齢制限アリなので、気分が向かないときにサービスシーンをctrlボタンで飛ばすのがやや面倒

×コメディ要素やギャグ要素あり

×同系統の「グリザイアの果実」に比べればそこそこ無双バトルシーンはあるが、恋愛主軸のストーリーであることに変わりはない

×主人公が敬語を一切使わない不遜な性格なので、不快な方もいるかも(もっとも、一応それが黙認されている理由も伏線として描かれている)

×いわゆる暴力ヒロインもいる。ただし主人公の圧倒的存在感のせいか、「ちょっと怒ったヒロインに足をつねられる」程度のスキンシップにしか感じられない

×一部ストーリー(いわゆるルート)によっては重い鬱要素あり。特に主人公の過去はあらゆる意味で重いです。過去の回想とはいえ、俺tueee原理主義的には論外レベルの鬱エピソード(幼少期主人公がショタ好きの男たちに監禁されて一年間……) があります。このエピソードは2作目(プリンシパルたちの休日)の隠れルートである杏子ルートで出てくるので、どうしても避けたい方はご注意ください

 

 

管理人からのひとこと

 普段PCノベルゲームをやらない方は多いと思いますが、「自分が気に入る俺TUEEE作品が全然見つからなくて困ってる!」という方に、ぜひ試して頂きたい作品です。この作品紹介009と012で紹介している『暁の護衛シリーズ』と『グリザイアシリーズ』は、過激派から折衷派までいろいろ有る俺TUEEE原理主義者の中でも大部分の方が文句なしで気に入る作品だと思われます。ただし、非常に残念なお知らせになりますが、年齢制限のおかげで表現に規制の入りにくいPCゲームでさえも、この2つ以外でオススメできる真の俺TUEEE作品はおそらく殆ど無いようです。情報をお持ちの方はコメントお願いします

 

買うときの注意点

 『暁の護衛シリーズ』と『グリザイアシリーズ』はどちらも一作品目がメインで、残りの続編シリーズはおまけですが、両者ともコンプリートボックスが出ているのでそちらもご検討ください。両シリーズに共通することですが、パッケージ版は中古なら安く、邪魔なら売れる利点があります。一方DMMなどのダウンロード版はセール時以外はかなり割高ですがインストールや保管などの作業が楽です(ノートパソコンでも出来ます)。安く済ませるのであれば、暁の護衛単品が1000円台、グリザイアの果実(一作目)単品が3000円台で中古で買えます。注意して頂きたいのは、暁の護衛(2008年発売)の単品は古いので、解像度が低いハズです(1024×768?) 良い画質(1280×720)で楽しみたい方は、2014年に発売された『暁の護衛トリニティコンプリートエディション』を強くお勧めします

 

追記 

暁の護衛トリニティコンプリートエディション』(メイン一作目と2つのおまけが全て同梱)のダウンロード版はDMM.comにて毎年の1月と8月の半額セール時に3480円に値下げされますのでご注意下さい

 

 

 

  関連作品のグリザイアの果実はこちら

 

vels.hatenablog.com