MENU

作品紹介004 評価A オーバーロード

総合おすすめ度A (書籍版9巻までならS-

tueee(sugee)度 =とても多い・極めて高い

 

 

注意:たまたま検索していて見つけたのですが、本作は「最強モノ」ではなく「力だけは主人公最強だけど現地人のほうが賢く優秀」というコンセプトで書いている、との作者コメントが2011年にあったらしいです。原文が見つからなかったので真偽不明ですが、主人公の駄目さ加減からするとあながち嘘ではないかもしれません。原理主義的には今後の展開に注意が必要です。

 

 

 

f:id:vels:20170420163600j:plain

 

 オーバーロード:前編(小説家になろう)はこちら

 

 

  • 形態:web小説(小説家になろう) 書籍 漫画 アニメ
  • あらすじMMORPGのギルドマスターである主人公はそのMMORPGそっくりの異世界に骸骨のアバターのまま自らのギルド本部ごと飛ばされてしまう。その世界ではゲームと同じく魔法やモンスターが存在していた。さらに驚くことに、本来プログラムだったはずの部下のNPCが意思を持ち、当然のように自分を主人と認めているのだった……
  • 主人公:【極悪サイド】 自らのギルドを異常なまでに愛し、それを守るためなら世界をも滅ぼそうとする骸骨(心身共に人間でなくなってしまった) 異世界の基準で強大な力を持つ
  • ヒロイン:女部下の一部がゲーム時代の設定をそのまま引き継ぎ、主人公を熱烈に愛している
  • 現在の分量:web小説(小説家になろう)前編後編合計140万文字(更新停止) 書籍版11巻(更新中) コミック6巻(更新中) アニメ(13話)
  • 文章非常に読みやすい
  • キャラクターの行動原理敵味方の描写がそれぞれ非常に丁寧ではっきりしている

 

 

プラスポイント

 〇主人公単体は後衛職でそれなりの強さ(といっても異世界では絶大)だが、主人公に絶対の忠誠を誓う部下たちや所持する武器・防具・道具が圧倒的であり、目下世界征服に挑戦中である

 〇主人公サイドがほぼ全員人外であり、またギルドに対する異常な愛と忠誠を持っているために、主人公に敵対する者(しそうな者)へ容赦なく攻撃を加える

 〇世界観がしっかりしており、壮大

 〇部下たちへの外面だけは威厳があってカッコいい

 

マイナス・好みが分かれそうなポイント

 ×主人公は実は気が小さく、ギルドへの尋常ならざる執着から「威厳ある理想の主人」を演じているので、いずれ露見しそう

 ×最も残念な点は、上記の通りいわゆる勘違いモノであり、主人公はあまり賢くないし、ヘタレである

 ×主人公以外の異世界転移勢力の存在が仄めかされている

 ×多くの部下達が主人公以外の辞めていったギルドメンバーによって作られたNPCであり、主人公より自分の製作者の命令が優先されると発言?

 ×10巻前後から矛盾が生じそうな行動が増え、勘違いコメディー要素も増えた。web小説と書籍版では大きく話が変更されているが、web時代に「学園編」なる章があったらしいことを考えると……(学園編はなろう作者の多くがネタ切れの際に突入する定番のネタである)