作品紹介002 評価A ドラゴンキラー

総合おすすめ度A 

 

ドラゴンキラーはこちら

  • 形態:web小説(小説家になろう
  • あらすじ:かつて畏怖された生体兵器達の中でも最強の個体だった主人公サツキ。彼は最終戦争で人類の宿敵ドラゴンと死闘を繰り広げたが、痛み分けに終わり、長い眠りについた。300年後に再び目覚めたサツキは死んでいった仲間の生体兵器達との約束を果たすために姿を消したドラゴンを再び追う……
  • 主人公:【善悪中立サイド】クール系でかつての仲間との約束を果たすためだけに生きる。それ以外の人、モノに無関心。ドラゴンとの戦いで呪いを受けたために制限時間があるが、それでも比類ない人外の力を持つ
  • ヒロイン:1人いるが、主人公は戦闘狂に近く、今のところ無関心
  • 現在の分量:web小説19万文字(ゆっくりだが更新中)
  • 文章非常に読みやすい
  • キャラクターの行動原理:非常に丁寧でわかりやすい

 

プラスポイント

 〇間違いなく最強の力を持つ

 〇目的の為に自らの意思で行動

 〇邪魔しないなら無視だが邪魔する存在は問答無用で瞬殺する精神

 

マイナス・好みが分かれそうなポイント

 ×呪いのせいで力に制限があるのでピンチになるかも

 ×300年の眠りのせいか、あるいは戦闘狂だからか、あまり正体を隠そうとしない(誇示するわけではない)その結果、つまらないトラブル巻きこまれて貴族のしがらみ系展開になり得るかも?

 ×戦闘狂故に、再会した吸血鬼ヒロインの話を聞かずに襲い掛かる(殺そうとする)

 ×上記二つにあるように、主人公があまり知的に感じられない

 ×クオリティーが高いが、更新はあまり期待できない。一応一段落はしている